知っておきたいマタニティウエディングの心得


マタニティウエディングについて

「マタニティだから…」という理由で結婚式の開催に踏み切るのをあきらめていませんか?近年では、社会や価値観の変化にともない、結婚式の挙式や披露宴のスタイルも多様化しています。マタニティウエディングという、妊婦さんにやさしい充実したサービスを用意している結婚式場はいま増えつつあります。妊娠しているけれど、結婚式を挙げたいと検討するようになったら、そういった妊婦さんに配慮した、安心して式を挙げられるサービスを提供する結婚式場を選ぶとよいでしょう。

安心して結婚式を迎えるための心得

マタニティウエディングとは、結婚前に妊娠したり、妊娠を機会に結婚する、おめでた婚やできちゃった婚のことです。現在では珍しいことではないため、結婚式場でも今増えている結婚スタイルになります。妊娠2ヶ月や3ヶ月目は安定期に入っていないため、挙式や披露宴などの準備は無理しない程度に慎重におこなうようにします。新婦が妊娠している場合、結婚式の挙式や披露宴は安定期に入る妊娠5ヶ月目に執り行うがベストな日取りになります。この時期であれば、それほどおなかも目立つことがなく、衣装で体形をカバーすることができます。マタニティウエディングのサービスを行う結婚式場では、マタニティ用のドレスが充実しているところも多いです。おなかがやゆったりしていて、苦しくないドレスを選ぶようにしましょう。また、万が一に備えて、結婚式当日は健康保険証や母子健康手帳を持参しておくとよいです。

福岡の結婚式場では、海が見えるところがほとんどです。きれいな景色とともに素敵な結婚式があげられるのでお勧めです。