神前式結婚式で着られる新郎新婦の衣装とは?


神前式結婚式の新婦の衣装

神前式結婚式の衣装は和装です。新婦の衣装には白無垢(しろむく)、色打ち掛け、黒引き振り袖などがあります。白無垢は内側に着る掛け下から外側の打ち掛けまですべて白です。しかし色味や素材には様々なバリエーションがあり、純白から生成り唐織から刺しゅうまで好みで選ぶことができます。

色打ち掛けは華やかな色や柄の婚礼衣装です。基本的には好みで選びますが小柄な人は小さな柄のものを選ぶと背が高く見えるなど、体型によって気をつけるとよいポイントがあります。

結婚式は白無垢で行い披露宴では色打ち掛けにすると、お色直しが簡単にできて目先も変えることができます。黒引き振り袖は、昭和初期まで一般的に着られていた婚礼衣装です。黒地に縁起がよいとされる動植物や自然の図柄をあしらった着物で、帯が見えるため後ろ姿もきらびやかです。

神前式結婚式の新郎の衣装

神前式結婚式での新郎の衣装は、紋付き羽織袴(もんつきはおりはかま)です。羽織は黒で、袴は黒と白の縞柄か茶色を合わせるのが正装ですが、基本的には新郎の衣装は新婦の衣装の格や色合いに合わせます。並んだときに違和感がないことが大切で、色合いが違っても小物が揃っていると統一感が出ます。

選ぶときのポイントは羽織のサイズ、ゆき丈や袴の丈、全体のバランスが整っているかなどをみることです。和装の場合には、肌に直接触れるものは自分で準備する必要があります。特に男性の場合は和装下着がないので、トランクスやボクサーパンツなど自前の下着を用意する必要があります。

神前式は神社の厳かな雰囲気の中、伝統的な儀式が催されます。憧れの和装を着て、記念すべき挙式になるに違いありません。