神前式と教会式の違いとは?!自分たちに合ったスタイルを選ぼう


神前式の特徴や衣装とは

神前式は、日本で古くから伝わる挙式スタイルで、厳かな雰囲気が感じられるスタイルでもあります。三々九度の盃や玉串奉奠などのような儀式を通し、新郎新婦の結婚を通して両家の親族同士が結び付くという考えに基づいています。そのため、列席は親族のみとなることがほとんどで、友人が加わることはあまりありません。神前式は神社で挙げられる他、設備が整っているところであれば結婚式場やホテルなどでも可能です。新郎新婦は、和装で挙式を執り行います。新婦が着るのは、日本の伝統美が感じられる白無垢の他、格式の高さが特徴の引き振袖や、華やかさが出る色打掛など。様々な色や柄のものがあり、着用する着物によって挙式の雰囲気をガラリと変えることができます。

教会式の特徴や衣装とは

教会式は、教会の他、ホテルや結婚式場のチャペルで挙げることができます。神父のサポートの元、神様の前で永遠の愛を誓います。そして、その愛の証として指輪の交換をし、キスを交わすのです。親族の他、友人などたくさんの人が参列できるため、多くの人にお祝いしてもらいたいカップルにおすすめのスタイルと言えるでしょう。新婦は、母親にベールダウンしてもらい、父親と共に新郎に向かってバージンロードを歩いていきます。これには、両親が子育てに幕を降ろし、新郎がいる未来へとバトンタッチするという意味が込められています。教会式では、新郎はタキシードを、そして新婦はウエディングドレスを着ます。純白のドレスには、可愛らしいものやエレガントなもの、モダンなものなど様々なデザインのものがあります。

神前式は、神社にて和装の新郎新婦が神様に結婚を誓う伝統的な挙式です。参進から始まり、修祓、献饌、祝詞奏上、誓詞奏上、三献の儀、玉串奉奠、指輪交換など11もの儀式をおこないます。